シースリー 予約キャンセル

脱毛サロン『シースリー』のキャンセル規定に関して

脱毛サロンが豊富にありますが、その中の一つにシースリーがあります。

 

全国展開している大手の脱毛サロンであり、長年の運営で実績も豊富にあるので信頼して足を運ぶことができます。

 

脱毛するためには、カウンセリングを受けて契約をし、その後は予約をして施術に行くことになりますが、脱毛は一度や二度の施術で終わるものではなく、通っている中では急に生理になってしまったり急用が入ったりと、予約をキャンセルしなければならないこともあるのではないでしょうか。

 

シースリーの予約キャンセルにペナルティは!?

 

その際に気になるのは、ペナルティーはないのかという点になってきます。

 

予約自体は電話かオンライン予約システムのどこでも予約で簡単に行うことができ、どこでも予約ならばスマートフォンやパソコンといったインターネットが使える環境が整っていれば、二十四時間いつでも行うことができます。

 

電話で予約するのとは違い、予約できる日を自分で見ながら選ぶことができるのでより確実でスムーズに予約をすることが可能です。

 

脱毛サロンは当日の場合キャンセル料金がかかるサロンが大半ですが、シースリーでは予約時間前までに連絡をすればキャンセル料金は一切かからないようなっています。

 

予約時間の一分前にキャンセルの連絡をしても、キャンセル料金がかからないのは良心的です。

 

しかし・・・無連絡キャンセルの場合は違約金&回数消化に

 

予約時間を一分でも過ぎると違約金として三千円がかかるようになっているので、予約時間までに連絡をするという最低限のことは守るようにしておかなくてはなりません。

 

施術時間までに連絡ができれば、キャンセル料は一切かからないのはもちろんのこと、施術を一回消化するということにもならないので安心できます。

 

連絡をせずに無断でキャンセルとなると、回数無制限を利用している場合には三千円の違約金が必要になり、回数パックを利用している人は脱毛一回分の消化になってしまいます。

 

遅刻に関しても同じなので十分気をつけるようにしておきましょう。

 

急ぎのキャンセルには電話連絡がオススメ

 

キャンセルする場合には、ウェブサイトからか電話からキャンセルすることになりますが、時間がすでにギリギリになっている場合には、ウェブサイトが繋がりにくいと時間がかかってしまい、予約の時間を過ぎてしまうという危険もあるので、急ぎの場合に確実にキャンセルする場合には電話をかけるようにしておくべきです。

 

中には電話をかけて出てもらえないということもありますが、サロン側に着信履歴として残れば、連絡があっての当日キャンセルとして処理してもらうことができるので問題はありません。

 

留守電に切り替わった場合には名前と会員番号を伝え、当日キャンセルについて録音しておくことにより、後から確認したスタッフが折り返し電話をかけてくれたりと、きちんと対応してもらうことができます。

 

キャンセルに関しても良心的な対応をしてもらうことができますが、シースリーは人気のあるサロンということもあり、キャンセルをしてしまうとその日から近い日には予約が一杯で施術を受けることができず、脱毛が思っているように進まないということもあるので、できる限りキャンセルはしないように心がけましょう。

 

キャンセル待ちは空き枠お知らせアラートシステムで

 

どこでも予約に登録しておけば、キャンセルがでた場合には、独自の空き枠お知らせアラートシステムで、 直近三日間でキャンセルが出た際には、その都度予約の空き時間をメールで知らせてもらうことができるので、より予約が取りやすく通いやすいようになっています。

 

シースリーでは、契約をした店舗以外でも施術を受けることができるので、普段足を運んでいる店舗が予約でいっぱいで、キャンセル待ちをしなければならないという時にでも、他の空いている店舗に行けば良いので、よりスムーズで予定通りに脱毛を進めていくことができます。

 

キャンセルはしないに越したことはありませんが、キャンセル時にも施術時間までにきちんと連絡をすることで、ペナルティーがないというのは大きなメリットです。

 

しかしなんともキャンセルや遅刻をしてしまうと、サロン側にも迷惑になるのは当然のことであり、スタッフの人たちからも良くない印象を持たれてしまい、サロンに通いにくいということにもつながってしまうので、できる限り予約した日には足を運ぶようにするべきです。

 

シースリーではカウンセリングを受ける際にも予約が必須

 

しかし、カウンセリングの予約をしてもその日に足を運べなくなってしまうということもあります。

 

その際には電話でそのことを伝えれば、キャンセルはもちろん無料でできるので安心です。

 

シースリーでは、キャンセルや近くに関しても寛大な対応をしていますが、予約した時間までにきちんと連絡を入れることが必須となっていることは忘れてはいけません。

 

少しでも時間を過ぎてキャンセルしたり、遅刻となれば三千円の違約金か一回分の施術を消化した扱いになってしまうので、遅刻やキャンセルの際には必ずきちんと連絡を入れるようにする必要があります。

 

 

page top